ニュース
» 2014年08月18日 16時06分 UPDATE

3Dスキャナニュース:iPadが3Dスキャナに変身――イグアス、「iSense」の販売を開始

イグアスは、米3D Systems社製パーソナル3Dスキャナ「Sense」のiPad専用モデルである「iSense」の販売開始を発表した。

[八木沢篤,MONOist]
iSense

 イグアスは2014年8月18日、米3D Systems社製パーソナル3Dスキャナ「Sense」のiPad専用モデルである「iSense」の販売開始を発表した。

 iSenseは、専用アプリをダウンロードしたiPadに装着して利用する持ち運び可能なパーソナル3Dスキャナ。本体サイズは119.2×27.9×29mmで、重さは99.2gである。対象をスキャンすることで簡単に3Dデータ化することが可能で、付属のソフトウェアを用いることで、スキャンデータをSTLデータ形式などに変換できる。


iSense iPad向けパーソナル3Dスキャナ「iSense」

 動作環境はiOS 7以上を搭載した「iPad Retinaディスプレイモデル(第4世代)」「iPad Air」「iPad mini Retinaディスプレイモデル」。販売価格は7万円(税抜き)。製品の主な仕様は以下の通りだ(表1)。

内容 iSense
視野角 水平:45°/垂直:58°
作業範囲 0.4m 〜 3.5m
x/y分解能@0.5m 0.9mm
Z分解能@0.5m 1mm
スキャンエリア Min:0.2×0.2×0.2m / Max:3×3×3m
フレームレート 30fps
出力フォーマット STL、OBJ、PLY
表1 製品仕様

 なお、同社は2014年1月よりハンディタイプの3Dスキャナ製品Senseの取り扱いも行っている。Senseの販売価格は5万5000円(税抜き)である。

つながる、広がる、モノづくり――。「3Dモデラボ」

3Dモデラボ
3Dモデルデータ投稿・共有サービス「3Dモデラボ」。3Dモデルデータを共有し、

モノづくりの楽しさをシェアしよう!!


関連キーワード

3Dスキャナ | 3Dプリンタ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.