連載
» 2014年08月20日 12時16分 UPDATE

3Dモデラボ通信(6):小学生が夏休みの自由研究で3Dモデリングしたデジタルジュエリー (1/2)

3Dモデルデータ共有サービス「3Dモデラボ」事務局です。今回は、航空機設計を経てフリーランスへ転向したクリエーターさんを取り上げた「モデラボBLOG」と、人気クリエーター&作品ランキングを発表します(集計期間:2014年8月5〜18日)!!

[3Dモデラボ事務局,MONOist]
3Dモデラボ通信

 皆さん、こんにちは。2週に1回のペースでお届けしている「3Dモデラボ通信」です。今回も「3Dモデラボ(通称:モデラボ)」への投稿作品や人気ブログの内容などを紹介していきます。

 まずは、知る人ぞ知る「モデラボBLOG」から、こちらの記事を紹介します。



航空機設計を経てフリーランスへ――今、挑戦する意義

 以下、モデラボBLOGの人気記事の中身を一部抜粋して紹介します!

Make1010

 3Dモデリングを1カ月間無料でやります――。

 こんな大盤振る舞いな看板を掲げたサイト「Make1010」が立ち上がったのは2014年8月上旬のこと。イラストや図面などである程度イメージがあり、(目安として)30時間以内にできるものであれば基本的に何でも受けてくれるという。

 このユニークな取り組みを始めたのは、ハードウェアエンジニア/3Dモデラーの仙頭邦章氏だ。「私は、2013年12月にフリーランスとして活動を開始したばかりなのですが、いくら3Dモデリングが得意だと口で宣伝しても、まず自分に何ができるのか“人に見せられるもの”がなければ説得力がないと思うんです。事業を本格的にやっていくためにも、自分のスキルを多くの人に知ってもらいたいと思い、この取り組みに挑戦しようと踏み切りました」(仙頭氏)。Make1010の“1010”は、名前の“仙頭(セントー)”から取ったものだが、「1010個のモデルを作る勢いで依頼を受ける」(仙頭氏)という意気込みも込められているのだとか。

仙頭邦章氏 ハードウェアエンジニア/3Dモデラーの仙頭邦章氏

>>3Dモデラボに投稿されている仙頭氏の作品一覧

 子どものころから算数や数学が大好きだった仙頭氏は、映画『遠い空の向こうに』に影響を受け、航空宇宙分野への興味を強く持ち、日本大学 理工学部 航空宇宙工学科へ進学。在学中は飛行機の設計・製作などに取り組み、一時は整備士の道を目指したこともあったが、設計の奥深さに魅力を感じ、航空機の設計に強いとある設計会社に入社。およそ7年間、航空機のエンジンやギアボックスの設計開発などに従事し、UG/NXを用いた設計スキルを習得するも体調を崩したことをきっかけにフリーランスへの道を歩むことになる。

 フリーランスとなった仙頭氏は現在、神奈川県・鎌倉市にある面白法人カヤック(本社)のシェアオフィスで働いている。鶴岡八幡宮へと続く参道沿いにあるため、周辺は観光客でにぎわう。「都会で働くのと違いとてものんびりとしています。サラリーマン時代と比べると仕事の効率は悪いですよ(笑)。でもそれがいいんです」と仙頭氏……(>>続きを読む)。


 この取材のために夏休みモード全開の鎌倉に行ってきました。確かに東京のオフィス街と比べてのんびりとした雰囲気で、これはこれで良いなと感じました。また取材を理由に鎌倉へ足を運びたいと思います(笑)。

 次ページでは、人気クリエーター&作品ランキングをお届け! さらに今回は、8月からモデラボに参加してくれている新顔さんたちも紹介します。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.