ニュース
» 2014年08月21日 17時19分 UPDATE

組み込みニュース:ルネサス、Cortex-A9採用ボードでmbedプロジェクトに参加

ルネサスがARM mbedプロジェクトに参加する。ARM Cortex-A9をCPUコアとするRZ/A1グループを搭載した対応ボードを用意し、2014年末より販売を開始する予定だ。

[MONOist]
photo

 ルネサス エレクトロニクスは2014年8月21日、ARM mbedプロジェクトに参加すると発表した。ARM Cortex-A9をCPUコアとするRZ/A1グループを搭載した対応ボードを用意し、2014年末より販売を開始する予定だ。開発はコア、製造販売は若松通商が行う。

 この対応ボードは400MHz駆動のCortex-A9と10MBのRAM、インタフェースとしてカメラ入力とグラフィックス出力、オーディオ機能を持つRZ/A1グループを搭載しており、Cortex-MシリーズをCPUコアとした対応ボードに比べて高い処理能力と拡張性を持つとしている。

photo RZ/A1グループを搭載したmbedボード(出典:ルネサス エレクトロニクス)

 mbedはARMが運営しているクラウドベースのプロトタイピングツールと対応するボードで構成されており、コンパイラなどをPCにインストールすることなく開発を行える。RZ/A1グループはmbedで採用されているCortex-Mシリーズ用のリアルタイムOS「RTX」に対応しており、既存のソフトウェア資産を移行することが可能だ。

 同社では運営するコミュニティー「がじぇっとるねさす」のイベントでβユーザーを募集する他、2014年9月2日に開催するイベント「Renesas DevCon Japan 2014」にて製品のデモを行う予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.