ニュース
» 2014年08月27日 11時00分 UPDATE

工場ニュース:三菱樹脂、アルミナ繊維「MAFTECマフテック」の製造設備増設――2015年春完成

2015年度には現在の製造能力(約6000t/年)では供給の限界が見込まれるため、約500t/年の製造設備を増設する。既存インフラの活用などにより、工期が最も短縮できる坂出工場(香川県坂出市)への増設を決定した。

[MONOist]

 三菱樹脂は2014年8月5日、坂出工場(香川県坂出市)にアルミナ繊維「MAFTECマフテック」の製造設備増設を決定したと発表した。

 MAFTECマフテックは、1600℃を超える高温環境下でも、長時間の断熱性能やクッション性が維持できるアルミナ繊維。製鋼用断熱材や自動車の排ガス処理装置のための触媒コンバータ、DPF(ディーゼル・パティキュレート・フィルター)のサポート材として使用されている。特に、触媒コンバータやDPFのサポート材料としての世界シェアは約40%(同社推定)に達するという。

 同社では、近年増加傾向にある自動車の排ガス処理装置の市場に対して、これまで既存の生産ラインの能力増強などで対応していた。しかし2015年度には、現在の製造能力(約6000t/年)では供給の限界が見込まれるため、約500t/年が製造可能な設備を増設することを決定。坂出工場への設備増設は、既存インフラの活用などで工期が最も短縮でき、市場の需要に最も早く対応できるという理由からで、完成は2015年春を予定する。

 また同社では、世界的な排ガス規制強化の動きに伴い、今後もアルミナ繊維の需要増加が予想されることから、メーカーとして安定供給を図るため、さらなる増産の検討もするとしている。

photo アルミナ繊維 MAFTECマフテック
photo 自動車の排ガス処理装置の触媒コンバーター用サポート材説明図

FAメルマガ始めました

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信をスタートしました。FAニュースをはじめ、PLCや産業用ネットワーク、産業用ロボット、インダストリー4.0など注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


海外進出だけが能じゃない! 今こそ光るニッポンのモノづくり:「メイドインジャパンの逆襲」コーナーへ

「メイドインジャパンの逆襲」コーナー

「国内市場の縮小」「生産による差別化要素の減少」「国内コストの高止まり」などから、日本の生産拠点は厳しい環境に置かれている。しかし、日本のモノづくり力はいまだに世界で高く評価されている。一方、生産技術のさらなる進歩は、モノづくりのコストの考え方を変えつつある。安い人権費を求めて流転し続けるのか、それとも国内で世界最高のモノづくりを追求するのか。今メイドインジャパンの逆襲が始まる。「メイドインジャパンの逆襲」コーナーでは、ニッポンのモノづくりの最新情報をお伝えしています。併せてご覧ください。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.