ニュース
» 2014年08月28日 00時00分 UPDATE

クリプトン公認:新型「ミラ ココア」の北海道限定モデル「雪ミク ココア」は渾身の一作

ダイハツ工業の新型「ミラ ココア」は、全国で11に分けた地域の限定特別仕様車を用意している。中でも「雪ミク」とコラボした、北海道の「雪ミク ココア」のデキは秀逸だ。

[朴尚洙,MONOist]
「雪ミク ココア」のリヤエンブレム

 ダイハツ工業が2014年8月26日にマイナーチェンジした軽自動車「ミラ ココア」は、「軽自動車で最多」(同社)となる160通りのバリエーションや、全国11地域(北海道、東北、関東、北陸、信越、東海、近畿、中国、四国、九州、南九州)限定の特別仕様車を用意するなど、「選ぶ楽しさ」に重点を置いて開発された(関連記事:おじさんには開発できない、新型「ミラ ココア」の「選ぶ楽しさ」)。

 東京都内で開かれた会見では、地域特別仕様車のうち、北海道の「雪ミク ココア」、東海の「ココア アムール」、関東の「ミラココア べリンダ」、中国の「マカロン」、近畿の「ココアルビー」が披露された。

 中でも秀逸だったのが、ダイハツ北海道販売、北北海道ダイハツ販売、室蘭ダイハツ販売の女性社員によるプロジェクトメンバーが企画した雪ミク ココアだ。

sp_140828daihatsu_01.jpgsp_140828daihatsu_02.jpgsp_140828daihatsu_03.jpg 「雪ミク ココア」の外観。フューエルリッドに貼るフューエルステッカーも「雪ミク」(クリックで拡大)

 雪ミク ココアには、札幌雪まつりで生まれた「初音ミク」の派生キャラクター「雪ミク」が用いられている。本社を北海道札幌市に置く、初音ミクを生み出したクリプトン・フューチャー・メディアと相談の上、「北海道らしさのあるかわいいデザインに仕上げた」(雪ミク ココアの企画メンバー)という。

 ボディカラーは、雪ミクをイメージして、車両の上部が白色、下部が青色のツートンカラーを採用した。内装色はベースが白色で、シートの縁取りなどに青色を使用している。この他、シートカバーやリヤエンブレムに雪ミクのワンポイント、ステアリングカバーやルーフレールに「SNOW MIKU」の刻印などが入っている。

sp_140828daihatsu_04.jpgsp_140828daihatsu_05.jpg 「雪ミク ココア」の内装。ステアリングカバーには「SNOW MIKU」の刻印、シートカバーには雪ミクのワンポイントが入っている(クリックで拡大)
sp_140828daihatsu_06.jpgsp_140828daihatsu_07.jpgsp_140828daihatsu_08.jpg 「雪ミク ココア」のリヤエンブレム。こちらも雪ミクがワンポイントで入っている。新型「ミラ ココア」のリヤエンブレム用アクセサリーには小鳥やココアカップなどがあるが、雪ミクを入れられるのは雪ミク ココアだけ(クリックで拡大)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.