ニュース
» 2014年08月28日 11時30分 UPDATE

工場ニュース:三菱重工、ボーイング787増産に向け下関と名古屋の設備増強

米ボーイングの「787」向け複合材主翼の増産を受け、下関造船所と名古屋航空宇宙システム製作所の設備を増強。オートクレーブ(複合材硬化炉)や自動積層機などを増設する。

[MONOist]

 三菱重工は2014年8月7日、下関造船所(下関市)と名古屋航空宇宙システム製作所(名古屋市港区)の複合材主翼生産設備の増強投資をすると発表した。米ボーイングが中型ジェット旅客機「787」向け複合材主翼を月10機から月14機へ増産する計画に対応するもので、同年10月に着工し、2016年からの増産を目指す。

 同社は、2007年5月に初めて主翼を出荷して以来、787向け複合材主翼の生産を担当。下関造船所では、補強用部材である複合材主翼のストリンガー(縦通材)を、名古屋航空宇宙システム製作所大江工場では、複合材外板の製造・組み立てを行っている。

 今回の設備増強では、下関造船所の航空機工場を拡張し、複合材を積層した後に高温高圧で焼き固めるオートクレーブ(複合材硬化炉)などを増設する。

 また、大江工場では、外板を製造する複合材工場に複合材テープを積層する自動積層機などを増設。さらに、主翼組み立ての組み立て・塗装工場を拡張し、自動穴あけ機、塗装ロボットなどを順次改修・増設するとしている。

FAメルマガ始めました

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信をスタートしました。FAニュースをはじめ、PLCや産業用ネットワーク、産業用ロボット、インダストリー4.0など注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.