ニュース
» 2014年08月28日 12時00分 UPDATE

製造マネジメントニュース:JFEエンジニアリング、北海道苫小牧市に「スマートアグリプラント」を完成

天然ガスをエネルギー源とするガスエンジン・トリジェネレーションシステムに、提携先のオランダPrivaの高度栽培制御システムを組み合わせて、栽培に最適な環境をつくる。

[MONOist]

 JFEエンジニアリングは2014年8月11日、グループ会社のJファーム苫小牧と共同で、北海道苫小牧市に「スマートアグリプラント」を完成させ、農産物の生産事業を開始したと発表した。

 同プラントは、天然ガスをエネルギー源とするガスエンジン・トリジェネレーションシステム(電気・熱・CO2の併給)に、提携先のオランダPrivaの高度栽培制御システムを組み合わせて、栽培に最適な環境を作るもの。スマートアグリ事業の第1号となるプラントで、農林水産省の「平成25年度 強い農業づくり交付金」の一部補助を受けている。

 プラントの完成は2014年8月8日で、同年8月第4週には栽培したベビーリーフの出荷を開始し、同年10月にはトマトを出荷するという。さらに同年12月には、同プラントの敷地内にバイオマスボイラー設備を設置。木質チップを燃料として熱・CO2を供給することで、天然ガスが供給されていない地域でも稼働できる、スマートアグリプラントのモデル実証を開始する予定だ。

 また、同社は今後、横浜本社内の試験温室で研究中の高糖度トマトや、ベビーリーフの収穫量向上に関する栽培技術について、早期に同プラントへの適用を目指すとしている。

photo 施設外観
photo 施設内部

エレクトロニクスとITは農業をどう変えるのか――「植物工場/スマートアグリ」コーナーへ

「植物工場/スマートアグリ」コーナー

新たな農業の形とは?

植物工場、ハイテク施設園芸……。製造業のノウハウを活用し、農業が新しく生まれ変わろうとしている。新たな農業のカタチはどう変化していくのでしょうか。

植物工場/スマートアグリ」特集では、エレクトロニクスやITを活用した新たな農業の最新情報をお伝えしています。併せてご覧ください。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.