ニュース
» 2014年08月28日 13時15分 UPDATE

太陽誘電 EYSFFNZXZ/EVSFLNZXX:Bluetooth Smartモジュールを追加、ヘルスケア機器などの設計自由度を向上

太陽誘電は、「Bluetooth Smart」に対応した無線通信モジュールとして新たに2製品を追加した。ヘルスケア/ヘルスケア機器、ウェアラブルコンピュータ、家電機器、モバイルPC向け周辺機器などの用途に向ける。

[EDN Japan]

 太陽誘電は2014年8月、「Bluetooth Smart」に対応した無線通信モジュールとして新たに2製品を追加した。小型化/薄型化を追求する機器開発において、回路設計の自由度をさらに高めることが可能となる。ヘルスケア/ヘルスケア機器、ウェアラブルコンピュータ、家電機器、モバイルPC向け周辺機器などの用途に向ける。

 新製品は、モジュールの側面に電極を形成した「EYSFFNZXZ」と、独自の銅コアを有する部品内蔵配線基板「EOMIN」を用いて小型化を実現した「EVSFLNZXX」の2製品である。これにより、同社のBluetooth Smart対応モジュールは、2014年1月より量産を始めている「EYSFCNZXX」を加えて3製品となった。

tm_140828taiyouden01.jpg 太陽誘電のBluetooth Smart対応モジュールの外観。左が「EYSFCNZXX」、中央が「EYSFFNZXZ」、右は「EVSFLNZXX」

 既に量産中のEYSFCNZXXは、アンテナやフラッシュメモリを内蔵し、底辺に集中して電極を形成している。外形寸法は12.9×9.6×2.0mmと小さい。今回発売するEYSFFNZXZは、側面に電極を形成した。これによってシステム開発者は、回路設計の自由度を高めることができる。外形寸法は12.9×10.5×2.0mmである。一方、EVSFLNZXXは、無線モジュールの更なる小型化要求に応えたもので、外形寸法は5.3×4.3×1.2mmと極めて小さい。しかも、EOMINを採用したことで、ノイズ耐性や放熱性、剛性などを向上させている。

 新製品のサンプル出荷は既に始めていて、2014年末までには順次量産を開始する予定だ。サンプル価格はそれぞれ2000円。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.