ニュース
» 2014年08月28日 18時04分 UPDATE

ロボット関連ニュース:富士ソフト、人間型ロボット「PARLO」の活用アイデアコンテスト

富士ソフトはコミュニケーションロボット「PALRO」の活用アイデアとアプリケーションを募集する「第2回PARLOコンテスト」を9月1日より実施すると発表した。

[ITmedia]
photo

 富士ソフトは2014年8月28日、同社コミュニケーションロボット「PALRO」の活用アイデアとアプリケーションを募集する「第2回PARLOコンテスト」を9月1日より実施すると発表した。

 PARLOは同社が2010年3月に販売を開始した、全高約40センチのヒューマノイドロボット。人の顔や声を覚え、会話をするコミュニケーション機能を備えており、現在では教育機関の他、老人ホームやデイサービスなど高齢者福祉施設でも利用されている。

 実施されるコンテストは「アイデア部門」「プログラミング部門」の2部門が設けられ、前者では「1人暮らしの方が使うPARLO」「商業施設で活躍するPARLO」の2テーマでアイデアを募集する。後者部門では高齢者福祉施設向けのPARLOに搭載可能で、実際に施設で利用できるアプリケーションプログラムを募集する。

photo コミュニケーションロボット「PALRO」

 応募期間は9月1日〜11月28日、両部門ともに公式サイトで用意されるフォームを通じて応募する。入賞者には賞金(1位10万円、2位5万円、3位3万円)のほか、1位受賞者には副賞としてPARLOが贈られる。

ロボット開発の最前線

ロボット/ロボット開発コーナー
あらゆる技術の集大成といわれる「ロボット」をテーマに、産業、レスキュー、生活支援/介護分野などにおけるロボット開発の実情や、関連する要素技術、研究開発、ロボットコンテスト、ロボットビジネスの最新動向などをお届けする。

>>ロボット特集のTOPページはこちら


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.