ニュース
» 2014年08月28日 18時40分 UPDATE

組み込み開発ニュース:AMD、ヘテロジニアス環境対応のオープンソースC++コンパイラ「C++ AMP v1.2」

AMDは米Microsoftと協業で、C++ AMP v1.2を実装したLinuxおよびWindowsで動作するオープンソースC++コンパイラ「C++ AMP v1.2」を発表した。

[MONOist]
photo

 AMDは2014年8月28日、米Microsoftと協業で、LinuxおよびWindowsでオープン規格のC++ AMP v1.2を実装するオープンソースC++コンパイラ「C++ AMP v1.2」を発表した(MSDN Blogs:C++ AMP Open Spec V1.2 Published)

 このコンパイラはヘテロジニアスプラットフォームにおける、CPU/GPU間のデータ共有を簡素化する共有物理メモリをサポートしており、米AMDのマンジュ・ヘッジ氏は「CPUとGPUにまたがる共有物理メモリを通じてLinuxとWindowsの双方で生産性の向上とアプリケーションの高速化を実現します」とその効果についてコメントしている。

 サポートするアウトプットはKhronos GroupのOpen CL準拠プラットフォーム(AMD製CPU/APU/GPU、Intel製CPU/APU、NVIDIA製GPU、Apple Mac OS Xおよび将来的な準拠プラットフォーム)とSPIR準拠プラットフォーム(AMD製CPU/APU/GPU、Intel製CPU/APUおよび将来的な準拠プラットフォーム)、HSA FoundationのHSAIL(AMD製APUおよび将来的なヘテロジニアス・システム・アーキテクチャ準拠のプラットフォーム)となっており、さまざまなハードウェアとソフトウェアにおいて、アプリケーションを高速化することが可能だとしている。

関連キーワード

C++ | AMD | APU | GPU | Linux | オープンソース | Khronos Group


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.