ニュース
» 2014年09月02日 22時30分 UPDATE

車載半導体:パナソニックのHDカメラを車載イーサネットで接続、ルネサスがデモを披露

ルネサス エレクトロニクスは、プライベート展「Renesas DevCon Japan 2014」において、パナソニック製のHDカメラモジュールの映像データを車載イーサネットで伝送するデモンストレーションを披露した。

[朴尚洙,MONOist]
Ethernet AVBのデモの様子

 ルネサス エレクトロニクスは、東京都内で開催したプライベート展「Renesas DevCon Japan 2014」(2014年9月2日)において、パナソニック製のHDカメラモジュールの映像データを車載イーサネットで伝送するデモンストレーションを披露した。

 このデモでは、パナソニックのHDカメラモジュールから出力される、1280×720画素/30fpsのH.264方式の映像データを、車載イーサネットであるEthernet AVBに対応するスイッチングハブを介して、カーナビゲーションシステムをイメージした「R-Car H2」の評価ボードに伝送しディスプレイに表示する。

 これと併せて、「R-Car H2」の評価ボードから出力した6チャンネルの音楽データを、Ethernet AVBに対応するスイッチングハブを介して、カーオーディオアンプをイメージした「RZ/A1M」の評価ボードに送り、音楽データを再生するデモも行った。この音楽データの再生操作を行うユーザーインタフェースの制御には別のRZ/A1Mの評価ボードを用いているが、その制御信号もEthernet AVBで伝送している。

Ethernet AVBのデモの様子 Ethernet AVBのデモの様子。左から、カーナビゲーションシステムをイメージした「R-Car H2」の評価ボード、カメラの映像データを表示するディスプレイ、パナソニックのHDカメラモジュール、Ethernet AVB対応スイッチングハブ、音楽再生ユーザーインタフェースの「RZ/A1M」の評価ボードと操作用タッチパネル、カーオーディオアンプをイメージしたRZ/A1Mの評価ボード(クリックで拡大)

 スイッチングハブと各モジュール/評価ボードの間の帯域幅は、HDカメラモジュールが30Mbps、R-Car H2の評価ボードが34Mbps、カーオーディオアンプのRZ/A1Mの評価ボードが4Mbps、音楽再生ユーザーインタフェースのRZ/A1Mの評価ボードが400kbpsである。

Ethernet AVBのデモの構成 Ethernet AVBのデモの構成(クリックで拡大) 出典:ルネサス エレクトロニクス

 次世代のサラウンドビューでは、現行のサラウンドビューで用いているVGAサイズ(640×480画素)のアナログカメラに替わってHDカメラが採用される見通し。しかし、より高精細なHDカメラを使うのであれば、映像データの伝送で遅延が発生しないような通信技術が必要になる。Ethernet AVBの帯域幅は、車両内で用いる場合で最大100Mbpsが可能である。ルネサスが2014年8月に発表した次世代サラウンドビュー向けSoC(System on Chip)「R-Car V2H」は、このEthernet AVBに対応できる通信インタフェースを搭載している(関連記事:ルネサスが次世代サラウンドビュー向けSoCを開発、全方位をリアルタイムで認識)。

 今回のデモは、Ethernet AVBの導入に向けた開発に必要なソリューションをルネサスから提供できることをアピールする狙いがある。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.