ニュース
» 2014年09月02日 12時00分 UPDATE

オートモーティブ メルマガ 編集後記:「コペン」と「ミラ ココア」が示すダイハツの変化

変わったのはクルマだけじゃなかった。

[朴尚洙,MONOist]
tt140702kobore_icon120.jpg

 この記事は、2014年9月2日発行の「オートモーティブ メールマガジン」に掲載されたMONOist/EE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。


「コペン」と「ミラ ココア」が示すダイハツの変化

 ダイハツ工業は8月27日、「ミラ ココア」をマイナーチェンジしました。今回のマイナーチェンジでは、外装デザインやボディカラー、内装色の組み合わせにより、「軽自動車で最多」(同社)となる160通りのバリエーションを設定。加えて、21パターンの地域限定特別仕様車も用意しています。

「ミラ ココア」の北海道の地域限定特別仕様車「雪ミク ココア」 「ミラ ココア」の北海道の地域限定特別仕様車「雪ミク ココア」は、札幌雪まつりから生まれた初音ミクの派生キャラクター「雪ミク」とコラボ。北海道でしか買えません(クリックで拡大)

 この豊富なバリエーションは、現行ユーザーの90%が女性というミラ ココアの特性に合わせたものです。ミラ ココアの開発に携わった、同社の女性社員から成る「ココかわプロジェクト」のメンバーによれば、「『選ぶ楽しさ』を感じてもらえるようにした」とのことです。

 豊富なバリエーションや「選ぶ楽しさ」と同様のアプローチを取っているダイハツ工業の新型車がもう1つあります。2014年6月に発表した、軽オープンスポーツカーの「コペン」です。コペンは、スマートフォンケースのように樹脂外板の着せ替えが可能であり、「自分だけのコペン」を実現できることを特徴としています。

 国内でしか販売できない軽自動車ですが、市場拡大によってニーズは多様化しています。コペンやミラ ココアは、そういった多種多様な顧客のニーズを受け止められるようなクルマになっているのです。

 もう1つ、コペンとミラ ココアに共通する特徴があります。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.