ニュース
» 2014年09月02日 12時00分 UPDATE

FAニュース:日立金属、鉄鋳物製造の世界最大手を買収

Waupaca Foundry Holdingsの全株を13億ドルで取得。世界最大級の生産規模と北米市場に圧倒的なシェアを持つ同社を子会社化することで、グローバル市場での競争優位性を確保できる事業基盤を獲得する。

[MONOist]

 日立金属は2014年8月19日、世界最大の鉄鋳物メーカーであるWaupaca Foundry(以下、Waupaca)の全株式を持つWaupaca Foundry Holdingsの全株式を取得し、子会社化したと発表した。買収額は全100株・13億ドルで、10月中に手続きを終える予定。

 Waupacaは、米国内に6工場を保有し、自動車用ブレーキ部品を中心に産業機械や農業機械、建設機械などに製品を提供している。現在、世界の輸送機向け鉄鋳物市場は、新興国での自動車需要増加により継続的に拡大することが予測され、Waupacaは今後も安定的な成長が見込まれている。

 日立金属では、主力事業である鉄鋳物事業のうち、高級ダクタイル鋳鉄製品について日本・韓国・米国に生産拠点を展開。2014年4月にはインドの自動車用鉄鋳物製造会社を子会社化するなど、グローバル供給体制を強化している。

 今回、世界最大級の生産規模と北米における圧倒的な市場シェアを持つWaupacaを取り込むことで、事業領域を広げ、グローバル市場での競争優位性を確保できる事業基盤を獲得する。

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

FA | 買収 | アメリカ | FAニュース | 工場


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.