ニュース
» 2014年09月02日 17時56分 UPDATE

組み込み開発ニュース:マクニカがメイカーズ向けブランド、第一弾はセンサーシールドとBTモジュール

マクニカが“メイカーズ”向けのソリューションブランド「Mpression for MAKERS」を立ち上げた。第1弾製品としてユカイ工学と共同で開発したIoTセンサーシールド「Uzuki」(ウズキ)、Bluetooth Smartモジュール「Koshian」(コシアン)を発売する。

[MONOist]
photo

 マクニカは2014年9月2日、メイカーズ向けのソリューションブランド「Mpression for MAKERS」の立ち上げを発表した。第1弾製品としてユカイ工学と共同で開発したIoTセンサーシールド「Uzuki」(ウズキ)、Bluetooth Smartモジュール「Koshian」(コシアン)を9月8日より順次販売開始する。同社直販サイトでの販売価格はUzukiが1980円、Koshianが980円(いずれも税別)。

 Uzukiは3軸加速度センサー(Analog Devices「ADXL345」)と温湿度センサー(Silicon laboratories「Si7013」)、近接照度UV指数センサー(Silicon laboratories「Si1145 」)を搭載したセンサーシールドで、ユカイ工学のiOS/Androidデバイス向けコンピューティングツールキット「Konashi」のほか、Arduinoにも接続できる。発売日は2014年9月8日。

 Koshianは、BroadcomのBLEチップ「WICED SMART SIP BCM20737S」(TELEC認証取得予定)を実装したKonashi互換(一部機能を除く)のBluetoot SMARTモジュール。ファームウェアはオリジナル。KonashiおよびKonashi miniに組み込むほか、単体でブレッドボードなどに取り付けて利用することもできる。発売は2014年9月中旬が予定されている。

photophoto 「Uzuki」(写真=左)、「Koshian」(写真=右)

 同社ではこれら製品をモノづくりイベントなどへ提供していく他、2014年11月19日より開催される「ET2014」、2014年11月23日より開催される「Maker Fair Tokyo 2014」で動作デモを披露する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.