ニュース
» 2014年09月03日 16時50分 UPDATE

工場ニュース:ファナックが栃木県に新工場建設、CNCやサーボモータの生産能力を増強

ファナックは、栃木県に新たな工場用地を取得したと発表した。

[MONOist]
photo

 ファナックは2014年9月2日、栃木県下都賀郡壬生町に新たな工場用地を取得したと発表した。

 場所は、栃木県下都賀郡壬生町にあるみぶ羽生田産業団地で、購入面積は約69.4ヘクタール。工場建設の総投資額は土地の取得額を除いて400億円だという。

 主力製品であるCNC(数値制御装置)やサーボモーター、サーボアンプなどの将来的な生産能力増強を目指し、最初の工場は2016年の生産開始を予定する。CNC1万台、サーボ製品5万台の生産能力を計画する。

 中国やインド、ASEANの生産現場では、人件費の高騰に対応するために、生産の自動化ニーズが急速に高まっており、CNCをはじめとする製造機器の販売も拡大。ファナックでは今後もこの流れが加速すると見ており、今回の生産能力増強により、需要拡大に対応していく方針だ。



海外進出だけが能じゃない! 今こそ光るニッポンのモノづくり:「メイドインジャパンの逆襲」コーナーへ

「メイドインジャパンの逆襲」コーナー

「国内市場の縮小」「生産による差別化要素の減少」「国内コストの高止まり」などから、日本の生産拠点は厳しい環境に置かれている。しかし、日本のモノづくり力はいまだに世界で高く評価されている。一方、生産技術のさらなる進歩は、モノづくりのコストの考え方を変えつつある。安い人権費を求めて流転し続けるのか、それとも国内で世界最高のモノづくりを追求するのか。今メイドインジャパンの逆襲が始まる。「メイドインジャパンの逆襲」コーナーでは、ニッポンのモノづくりの最新情報をお伝えしています。併せてご覧ください。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.