ニュース
» 2014年09月04日 16時10分 UPDATE

車載情報機器:パイオニア、トレジャーデータと車載ビッグデータで提携――2015年に新サービス

パイオニアと米国トレジャーデータは、自動車業界向けのビッグデータ関連事業で業務提携すると発表した。パイオニアが展開している自動車向けクラウド基盤に、トレジャーデータのビッグデータ活用のノウハウを利用し、新たなテレマティクスサービスの提供を目指す。

[MONOist]

 パイオニアと米国トレジャーデータは2014年9月4日、自動車業界向けのビッグデータ関連事業で業務提携すると発表した。パイオニアが展開している自動車向けクラウド基盤に、トレジャーデータのビッグデータ活用のノウハウを生かすことで新たなテレマティクスサービスを生み出す狙いだ。

 パイオニアでは、2006年にプローブ情報(自動車の走行履歴や各種のセンサーデータなど)を活用した独自のネットワークシステム「スマートループ」を立ち上げ、業界に先駆けてビッグデータ活用に取り組んできた。また2013年には、自動車向けクラウド基盤「モバイルテレマティクスセンター」を構築し、スマートフォン向けにもクラウド型ナビゲーションサービスを開始。車載機器だけでなく、スマートフォンから得られるデータの解析処理による高精度なプローブ渋滞情報を提供している。

 一方、トレジャーデータは、大容量の各種データをリアルタイムで収集・保管・分析するクラウド型データマネジメントサービス(DMS)で高い実績を持つ米国ベンチャー企業。事業開始以来、デジタルマーケティングやオンラインゲーム業界などへの導入を進めてきたが、2013年からは製造業を中心にさまざまな“モノ”から発するセンサーデータの分野(IoT)への応用を強化しているという。

 今回の提携により、パイオニアは、収集・蓄積した自動車関連の各種ビッグデータを、より短時間で効率的に分析することが可能になる。一方でトレジャーデータにとっては、自動車関連ビッグデータに関するノウハウを蓄積し、今後の事業展開に活用することが可能になるという。

 両社は2015年内に、解析したデータに基づくさまざまな情報を、自動車関連事業者の用途に応じて配信するクラウドソリューションを提供する計画だという。同ソリューションでは、自動車の状態に応じたメンテナンスの案内やアフターサポート情報の提供など、ユーザーの利便性を向上させるテレマティクスサービスを提供することが可能になるとしている。

photo パイオニアとトレジャーデータの提携による新たなテレマティクスサービスの概要(クリックで拡大)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.