ニュース
» 2014年09月05日 19時00分 UPDATE

FAニュース:コンテック、Core i7搭載で薄さ44mmのファンレス組み込みコンピュータを発売

デュアルコアで省電力なIntel Core i7 610E 2.53GHz・DDR3 SDRAM 4GBを採用。演算能力は従来製品と比べて約2.5倍と高速化している。ストレージにはCFastカードを採用した。

[MONOist]

 コンテックは2014年7月29日、Intel Core i7プロセッサ610E CPUを搭載した薄型のファンレス組み込みコンピュータ「ボックスコンピュータBX961」シリーズを開発・発売したと発表した。

 BX961シリーズは、デュアルコアで省電力なIntel Core i7 610E 2.53GHz・DDR3 SDRAM 4GBを採用。2コア4スレッドの並列処理に対応し、通信・制御・HMIなど複数アプリケーションの安定した同時並行処理が可能となっている。また、GPUを一体化したことで、演算能力が同社従来製品「BX960」シリーズと比べて約2.5倍と高速化している。

 さらに、厚みは44mmと省スペースな薄型筐体で、ファンレスとなっている。VESA規格100mm×100mm、200mm×200mmにも取り付けできる他(取り付け金具は別売)、BX960と寸法が同じで、既存システムとの置き換えも簡単だ。

 ストレージにはCFastカードを採用。SATAインタフェースによる高速転送で、高品質動画の読み込みや大容量データの保存など、負荷の高いデータ転送にも対応している。OSシステム用とは別にCFastカードスロットを装備し、メンテナンス用やシステムログ・収集データ用として運用できる。また、スピンドルレス設計のため、保守点検の業務量を削減できる。

 他に、2つの1000BASE-T、4つのUSB2.0、シリアル(RS-232C)、2.5インチSATAスロット、Line-OUTなどの多彩な拡張インタフェースを装備。DVI-I、DVI-Dも各1つあり、デジタル出力(DVI)2画面表示が可能となっている。

photo ボックスコンピュータ BX961シリーズ

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

FA | コンテック | Core i7 | 産業用PC | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.