ニュース
» 2014年09月05日 09時00分 UPDATE

専用トレーラーも?:新型「コペン」と新潟県三条市がタッグ、CFRP製外板パーツを開発へ

ダイハツ工業は、軽オープンスポーツカー「コペン」の樹脂外板パーツなどの開発で、新潟県三条市と連携する。

[朴尚洙,MONOist]
新型「コペン」と新潟県三条市がタッグ、CFRP製外板パーツを開発へ

 ダイハツ工業は、軽オープンスポーツカー「コペン」の樹脂外板パーツなどの開発で、新潟県三条市と連携することをコペンのFacebookページで明らかにした。コペンが掲げる地域密着活動「LOVE LOCAL by COPEN」に基づき、チーム「LOVE SANJO」として活動を展開する。

 コペンは、スマートフォンカバーのように車両の樹脂外板を着せ替えることで、購入後のデザイン変更が可能になる「DRESS-FORMATION」を特徴としている。ダイハツ工業は、自社だけでなく、アフターパーツメーカーなどの外部企業にも、樹脂外板の開発参加を広く呼び掛けている。

 三条市は、包丁や工具などの金属加工を中心とした部品加工業が盛んだ。チームLOVE SANJOの活動には、三条市の他、三条商工業会議所、三条工業会が参加する。開発するコペンの樹脂外板パーツは、炭素繊維強化樹脂(CFRP)製となる予定だ。この他、三条市発のキャンプ道具やレジャー用具などを搭載できるような、コペン専用のトレーラーの開発も想定しているという。


「ITmedia Virtual Expo 2014 秋」で新型「コペン」のチーフエンジニア・藤下氏が講演

virtualexpo2014_daihatsu.jpg

“変える”をキーワードとした新型コペンの開発に向けたさまざまな取り組みについて、開発責任者の藤下氏自身が説明します。視聴登録は無料です!

>>詳細はこちらから



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.