ニュース
» 2014年09月07日 11時00分 UPDATE

FAニュース:オプテックス・エフエー、検出能力を向上した低価格アンプ内蔵光電センサー発売

ハイパワーLEDを搭載したことで、検出距離が赤色LEDタイプ・透過型でクラス最長の25mとなった。また、受光量の余裕度も大幅に向上させ、ホコリや粉じんなどの影響を受けにくくした。

[MONOist]

 オプテックス・エフエーは2014年8月上旬、アンプ内蔵光電センサー「FASTUS Z3」シリーズを発売した。同社の新製品ブランド「FASTUS(ファスタス)」の第6弾として開発したもの。

 FASTUS Z3シリーズは、同社従来製品の汎用光電センサーZ系シリーズの使いやすさを継承しながら、検出能力を向上し、より低価格にしたもの。ハイパワーLEDを搭載したことで、検出距離が赤色LEDタイプ・透過型でクラス最長の25mとなった。また、受光量の余裕度も大幅に向上し、ホコリや粉じんなどの影響を受けにくくした。

 拡散タイプでは、受光側の設計を改善し、レンズ前面の不感帯を従来比6分の1まで抑えている。そのため、センサー直近に反射率の低いワークが来た場合でも、安定した検出が可能となっている。

 ラインアップは、検出距離25mの透過型、検出距離0.01〜4mの回帰反射型、検出距離0〜1mの拡散反射型、検出距離10〜90mの限定反射型、検出距離0.01〜2mの透明体検出型(2014年内発売予定)の5種類で、それぞれNPNタイプとPNPタイプの2種類のコネクタ形式を用意する。価格は6200円〜1万円(税別)となっている。

 主に、物流業界、食品・薬品業界、電機・電子部品業界、半導体業界、ゴム・プラスチック業界、自動車業界向けで、2014年内に30万台の販売を目指す。

photo アンプ内蔵光電センサー FASTUS Z3シリーズ

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

FA | 画像処理 | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.