ニュース
» 2014年09月08日 07時30分 UPDATE

FAニュース:NTN、高周波焼入れ装置用「高性能磁性コア」を開発し、外販開始

鉄粉の表面に熱硬化性樹脂をコーティングし、圧縮成形することで、従来の市販品と比べて磁気特性の指標である飽和磁束密度が10%、比透磁率が30%向上し、鉄損も15%低減した。圧環強度も市販品の5倍となっている。

[MONOist]

 NTNは2014年8月26日、高周波焼入れ装置用「高性能磁性コア」を開発したと発表した。鉄粉の表面に熱硬化性樹脂をコーティングし、圧縮成形することで、業界最高クラスの磁気特性と強度を持つ。既に同社内の装置に採用されているが、新たに高周波焼入れ装置メーカーや高周波熱処理加工会社への販売を開始した。

 軸受・ギヤなどの機械部品は、強度向上のために熱処理が施されている。中でも、自動車などの駆動装置関連の部品は、複雑な形状が多い上に、特定部位に強度が必要となるため、熱処理では高周波誘導加熱(高周波焼入れ)によって必要な部位のみ焼入れがされる。しかし、熱処理時間の短縮や焼入れ精度向上のため、高周波焼入れ装置の加熱コイル部に取り付けられる「コア」という磁性材は、材料強度が弱く、加工工数やマテリアルロスの多さが問題となっていたという。

 今回開発された高性能磁性コアは、粉末冶金用の鉄粉を磁性粉末として用い、独自の配合で熱硬化性樹脂を添加、造粒処理することで鉄粉表面に絶縁被膜を施したもの。また、特殊な圧縮成形と加熱硬化により、被膜の破壊を抑えた。これにより、粉末同士の接触を低減することができ、従来の市販品と比べて磁気特性の指標である飽和磁束密度が10%、比透磁率が30%向上し、鉄損は15%低減した。また、圧環強度も従来の市販品の5倍となり、コアの切削加工や取り扱いが向上した。

 主に、ドライブシャフト、クランクシャフト、ギヤ等機械部品用高周波焼入れコイル向けで、同製品を採用することで、高周波焼入れの効率が向上し、より高精度な焼入れが可能になる。そのため、熱処理時間が短縮でき、加工部品の強度や硬度も高められるという。

photo さまざまな形状に加工可能な高性能磁性コア

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

FA | FAニュース | 自社開発 | 検査機器


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.