ニュース
» 2014年09月09日 07時30分 UPDATE

FAニュース:コグネックス、毎秒200回の画像取り込みが可能な超高速用画像処理システム発表

「In-sight Micro」シリーズの最高速モデルで、毎秒200回の高性能画像取り込み機能と、パルス幅わずか1ミリ秒の超高速出力機能を搭載している。

[MONOist]

 コグネックスは2014年7月30日、画像処理システムの新商品「In-sight Micro 1500」を発表した。同社の「In-sight Micro」シリーズの最高速モデルとなっている。

 In-sight Microシリーズは、30mm×30mm×60mmのカメラ筐体にプロセッサーを内蔵したコンパクトな画像処理システム。ロボットハンドの先端や製造装置のわずかなすき間に取り付けることができ、食品、一般消費財、医療機器、電子部品、自動車などの生産現場で活用できる。

 新モデルのIn-sight Micro 1500は、生産装置の高速化に伴って需要が高まっている超高速専用の画像処理システムとなっている。毎秒200回の高性能画像取り込み機能とパルス幅わずか1ミリ秒の超高速出力機能を搭載し、検査結果を検査時間内で正確に出力できる高速応答性を可能とした。

 シリーズの特長に加え、画像処理と超高速応答性を高めたことで、特に高速応答が求められるパッケージング、テーピングマシン、コンベアトラッキングなどのアプリケーションにも対応が可能となった。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.