ニュース
» 2014年09月12日 12時29分 UPDATE

3Dプリンタニュース:高速3Dフルボディースキャナ「Artec Shapify Booth」――日本での展示は初

Artecグループは、高速3Dフルボディースキャナ「Artec Shapify Booth(アーテック・シェイピファイ・ブース)」を、2014年9月17〜19日に開催される「Inside 3D Printing Conference & Expo Tokyo」で展示する。

[MONOist]
Artec Shapify Booth

 ルクセンブルクに拠点を置くArtecグループは、高速3Dフルボディースキャナ「Artec Shapify Booth(アーテック・シェイピファイ・ブース)」を、2014年9月17〜19日に開催される「Inside 3D Printing Conference & Expo Tokyo」(会場:東京ビッグサイト)で展示すると発表した。「日本での展示は初めて」(同社)だという。

 Artec Shapify Boothは短時間で全身をスキャンし、フィギュア用の3Dモデルデータを生成することが可能なシステム。

 スキャンを行うブースには、広視野で高解像度の3Dスキャナと回転リグが搭載されており、全身を12秒でスキャンできる。独自アルゴリズムにより、キャプチャーした700ポイントの面を、3〜5分程度で3Dプリント可能なモデルデータとして自動的に融合・生成する。そして、生成された3Dモデルデータは同社の3Dプリントセンターで、8インチのフルカラーミニチュア像として出力できる(1週間以内にお届け)。

高速3Dフルボディースキャナ「Artec Shapify Booth(アーテック・シェイピファイ・ブース)」 高速3Dフルボディースキャナ「Artec Shapify Booth」のイメージ

 なお、スキャンブースは搬送可能で、特別な組み立ても不要。スペースさえあればどこでも設置することができる。Artecグループは、日本の販売代理店であるデータ・デザインと連携し、イベントやプロモーション、エンターテインメント向けにレンタル提供および販売を行う予定だという。

つながる、広がる、モノづくり――。「3Dモデラボ」

3Dモデラボ
3Dモデルデータ投稿・共有サービス「3Dモデラボ」。3Dモデルデータを共有し、

モノづくりの楽しさをシェアしよう!!


関連キーワード

3Dスキャナ | フィギュア | 3Dプリンタ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.