ニュース
» 2014年09月17日 14時00分 UPDATE

工場ニュース:マツダが新型「デミオ」の生産をグローバルに拡大、タイに続きメキシコでも

マツダは、タイの車両生産拠点であるオートアライアンス(AAT)において、オーストラリア市場向けの新型「Mazda2(日本名:デミオ)」の生産を開始した。メキシコの生産拠点であるMazda de Mexico Vehicle Operation(MMVO)でも、2014年中に新型Mazda2の生産を始める予定。

[MONOist]
新型「Mazda2」の外観

 マツダは2014年9月17日、タイの車両生産拠点であるオートアライアンス(AAT)において、オーストラリア市場向けの新型「Mazda2(日本名:デミオ)」の生産を開始したと発表した。

 新型Mazda2を生産するのは、同年7月に生産を始めた日本の防府工場(山口県防府市)に続いて2拠点目となる。AATでは2009年9月から「Mazda2」を生産しており、これまでに18万2663台を製造してきたという。

 今後マツダはAATで、オセアニアやASEAN市場向けの新型Mazda2を順次生産していく。また、メキシコの生産拠点であるMazda de Mexico Vehicle Operation(MMVO)でも、2014年中に新型Mazda2の生産を始めるとしており、グローバル3拠点でほぼ同時期に新型車の生産を立ち上げることになる。

新型「Mazda2」の外観。写真は日本仕様の「デミオ」 新型「Mazda2」の外観。写真は日本仕様の「デミオ」(クリックで拡大) 出典:マツダ

関連キーワード

マツダ | 工場ニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.