ニュース
» 2014年09月18日 11時45分 UPDATE

製造IT導入事例:NEC、アイシン精機の全グループ企業にクラウド型の環境情報システムを構築

NECの自社システムを製品化した環境パフォーマンスシステム「GreenGlobeX」を活用し、プライベートクラウド型で構築。拠点・部門別に環境パフォーマンス指標ごとの年度目標値を設定し、実績データを入力すると、進捗情報が迅速に収集できる。

[MONOist]

 NECは2014年9月8日、アイシン精機の海外拠点を含む全グループ企業を対象に、エネルギー使用量・温室効果ガス排出量などの環境パフォーマンスデータの収集・管理をする環境情報システムを構築したと発表した。同年7月には国内グループ企業67社で、2015年4月には海外グループ企業64社で運用を開始し、その後全グループ企業に順次導入する予定。

 新システムは、NECの自社システムを製品化した環境パフォーマンスシステム「GreenGlobeX(グリーングローブエックス)」を活用し、プライベートクラウド型で構築したもの。拠点・部門別に環境パフォーマンス指標ごとの年度目標値を設定し、実績データを入力すると、進捗情報が迅速に収集できる。

 従来、アイシン精機では、イントラネットで環境情報システムを運用していたため、未接続の拠点では表計算ソフトで作成したデータを電子メールで送付し、事務局がシステムに入力していた。今回、システムがクラウド化したことで、イントラネット未接続の拠点でもインターネット経由で直接入力が可能となった。これにより、従来年次で把握していた実績を月次で確認でき、事務局の集計業務の効率化・改善活動業務へのシフトが可能となった。

 また、NECのデータセンターで集中管理するため、システムのバージョンアップなどによる現場作業の削減、法規制・換算係数などの変更にもタイムリーに対応できる。さらに、グローバルな環境コミュニケーション基盤として活用するため、アイシン精機では独自機能を開発。環境管理に関する拠点間での意見交換を支援する双方向コミュニケーション機能や、ノウハウ・基準を一元管理する公開情報機能、多段階承認機能などを追加した。

 NECでは、今回の導入実績を生かしてGreenGlobeXの拡販を進め、今後3年間で100社への販売を目指すとしている。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.