ニュース
» 2014年09月19日 12時00分 UPDATE

FA メルマガ 編集後記:「軽労化をロボットで」をどう受け止めるべきか

取りあえずロボット……になっていませんか?

[三島一孝,MONOist]
tt140702kobore_icon120.jpg

 この記事は、2014年9月19日発行の「FA メールマガジン」に掲載されたMONOist/EE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。


「軽労化をロボットで」をどう受け止めるべきか

 “軽労化”という言葉をご存じでしょうか。

 日本は少子化による労働人口の減少や、労働者の高齢化問題などから、建設や製造、農業や介護などの現場の労働を維持できない問題を抱えています。2010年の国勢調査では人口が1億2806万人で高齢化率が23%でしたが、2055年には人口が8674万人、高齢化率が39.9%になるという推計が出ています。実際に製造現場の話を聞いてもベテラン技術者の引退と技術承継の問題に頭を悩ませている企業が数多く存在します。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.