ニュース
» 2014年09月20日 10時00分 UPDATE

FAニュース:山洋電気、高精度なバッテリーレスアブソリュートエンコーダ「HA035」を開発

バッテリーを使用しないため、メンテナンスが不要で省スペース。使用温度範囲は−20℃〜+105℃と広く、環境振動は最大で15Gに対応するなど、耐環境性も向上している。1回転内の分割数は最大838万8608分割(23bit)で、装置の細かな制御もできる。

[MONOist]

 山洋電気は2014年9月1日、高精度なバッテリーレスアブソリュートエンコーダ「HA035」を発売した。同社のサーボモータ「SANMOTION」シリーズに搭載されるエンコーダのラインアップを拡充したもの。

 HA035は、寿命部品であるバッテリーを使用しないため、メンテナンスが不要で省スペースとなっている。使用温度範囲は−20℃〜+105℃と広く、環境振動は最大で147m/s2(15G)に対応するなど、従来製品と比較して耐環境性も向上している。

 また、1回転内の絶対角度精度は、通常版が約0.1667°(10分) 以下、高精度版が約0.0167°(1分)以下で、装置の精度を高めることもできる。さらに、1回転内の分割数は最大838万8608分割(23bit)と分解能力が高く、細かな制御も可能となっている。

 主に、高い精度が求められる工作機械・射出成形機・ロボットなどの産業用装置、輸送機器向けを想定している。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.