ニュース
» 2014年09月21日 10時00分 UPDATE

工場ニュース:日本電産トーソク、メキシコに自動車部品製造の新会社を設立

工場の完成は2015年5月を予定し、投資額は45億円。主に自動車用自動変速機のコントロールバルブを製造・販売し、北米市場における競争力を高めるのが狙い。

[MONOist]

 日本電産トーソクは2014年7月31日、メキシコに自動車部品製造の現地法人「NIDEC TOSOK de MEXICO S.A. de C.V.」を設立し、工場用地を取得したと発表した。

 新会社は、2014年5月にメキシコ・サンルイスポトシ州に設立。資本金は16億円で、日本電産トーソクが100%出資している。主に自動車用自動変速機のコントロールバルブを製造し、主要な自動車関連メーカーに供給する。

 第1期の工場面積は1万3000m2で、投資額は45億円となっている。2015年5月に完工し、2016年8月に生産を開始する。

 今回のメキシコ進出は、北米市場における生産供給体制を整備し、競争力を高めるのが狙い。工場の建設は3期に分けて行われ、最終的な総投資額は150億円、従業員は3000人になる見込みだという。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.