ニュース
» 2014年09月22日 07時30分 UPDATE

FAニュース:コンテック、高速化と拡張性を追求したボックスコンピュータ新シリーズを開発

省電力・ハイパフォーマンスのIntel Coreプロセッサを搭載したファンレス産業用コンピュータ。USB3.0を4ポート搭載するなどインタフェースが豊富で、周辺機器を自在に拡張できる。従来製品と同一サイズのため、既存システムへの置き換えも簡単にできる。

[MONOist]

 コンテックは2014年8月5日、高速化と拡張性を追求した「ボックスコンピュータ BX1000シリーズ(以下、BX1000シリ−ズ)」を発売した。ラインアップは9種類。

 BX1000シリーズは、省電力・ハイパフォーマンスのIntel Core i7-3517UE(1.70GHz)またはIntel Celeron 927UE(1.50GHz)を搭載した、ファンレスの組み込み産業用コンピュータ。Intel Core i7-3517UE搭載モデルでは、CPU処理能力が従来製品の約1.8倍、描画能力が約1.6倍になるなど、演算能力とグラフィック性能が向上している。

 また、ボックスコンピュータでは初めて、USB3.0を4ポート搭載。他に、2つのUSB2.0と1000BASE-T、3つのシリアル(RS-232C)、CFastカードスロット、DVI、HDMI、アナログRGBなど、インタフェースが豊富で、周辺機器を自在に拡張できる。

 さらに、同社の従来製品「IPC-BX900シリーズ」「BX-710シリーズ」とサイズを同一にするなど、互換性も重視している。既存システムとの置き換えが容易な他、既存システムの高速化やWindowsXP搭載PCからの乗り換えにも対応できる。

 ラインアップは9種類で、価格はオープン。用途に合わせてCPU・OSが選択できるセットアップモデルと、組み合わせ済みの標準モデルも順次販売する予定。

photo ボックスコンピュータ BX1000シリーズ

 

どうする? Windows XP移行問題:工場運営を支える「産業用パソコン」コーナーへ

「産業用パソコン」コーナー

製造現場は、かつてのようなクローズドなものから、標準かつオープンな環境へとシフトし、製造現場全体を最適化するための新たな仕組み作りが求められている。その中で重要な要素を担うのが産業用パソコンだ。「産業用パソコン」コーナーでは、Windows XP移行問題を含む「産業用パソコン」関連の最新情報をお伝えしています。併せてご覧ください。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.