ニュース
» 2014年09月22日 12時50分 UPDATE

実装ニュース:「iPhone 6」受注のペガトロン、図研の電気CAD「CR-8000」で設計環境を構築

図研は、台湾の大手DMS(Design and Manufacturing Service)であるPegatron(ペガトロン)が、図研の電気CADプラットフォーム「CR-8000 Design Force」を核とした新設計環境を構築したと発表した。

[MONOist]
「iPhone6」受注のペガトロン、図研の電気CAD「CR-8000」で設計環境を構築

 図研は2014年9月16日、台湾の大手DMS(Design and Manufacturing Service)であるPegatron(ペガトロン)が、図研の電気CADプラットフォーム「CR-8000 Design Force」を核とした新設計環境を構築したと発表した。

 ペガトロンは、2012年にCR-8000を導入を始め、その後も同社が長年培ってきた設計/検証/製造ノウハウに基づいた高度な自動設計機能を組み込んできた。既に幾つかのプロジェクトで、リードタイムの短縮や品質向上の観点で顕著な成果を出すことに成功しているという。

 この結果を踏まえて、ペガトロンはCR-8000をベースにした新たな設計環境を本格展開する方針を決めた。具体的には、顧客がCR-8000や「CR-5000」を使って設計したデータを直接活用する設計製造受託サービスを始める。基板パターン形状だけでなく、ペガトロンの顧客が指定する設計制約条件や基板技術情報も直接授受することが可能なので、設計製造品質の向上や設計変更による手戻りの削減などが実現できるとしている。

 ペガトロンは、2014年9月に発売された「iPhone 6」の生産を受託したと報道されているDMSだ。同社は、CR-8000ベースの設計環境を活用した新サービスにより、CR-8000やCR-5000を使う日米欧、アジアの大手エレクトロニクス企業各社からの受注拡大を目指す。

 なお、2014年10月16〜17日に開催される図研のプライベート展「Zuken Innovation World 2014」では、ペガトロンがCR-8000ベースの設計環境について講演する予定だ。

関連キーワード

CAD | 電気 | iPhone 6 | 台湾 | 受託製造


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.