ニュース
» 2014年09月25日 12時00分 UPDATE

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:IoT時代の製品の姿は“F1”に

形状の話ではありません。

[三島一孝,MONOist]
tt140702kobore_icon120.jpg

 この記事は、2014年9月25日発行の「モノづくり総合版 メールマガジン」に掲載されたMONOist/EE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。


IoT時代の製品の姿は“F1”に

 2014年もフォーミュラ・ワン世界選手権レース(以下、F1)が日本にやって来る季節になりました。三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで同年10月4日に予選、10月5日に決勝が行われます。F1と言えば、迫力のスピードやエンジンの爆音などはもちろんですが、素早いピット作業やチームの戦略などが、醍醐味の1つとなっています。最近はテクノロジーの進化により、ドライバー視点のカメラが設置されたり、無線の内容が放送されたりして、放送を見ているだけでも、「タイヤが限界だ。そろそろ交換するぞ」など、ドライバーとピットの迫真のやりとりが味わえたりします。

 そんな中、面白い話を聞きました。「IoT時代の製品は“F1”のようになる」というのです。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.