ニュース
» 2014年09月26日 21時15分 UPDATE

製造マネジメントニュース:いすゞとGMがピックアップトラックの共同開発に合意、3世代連続

いすゞ自動車とGeneral Motors(GM)は、次世代ピックアップトラックの共同開発で正式に合意したと発表した。3世代連続での共同開発となる。

[MONOist]
「東京モーターショー2013」で展示した「MU-X」

 いすゞ自動車とGeneral Motors(GM)は2014年9月26日、次世代ピックアップトラックの共同開発で正式に合意したと発表した。

 いすゞとGMは、過去2世代にわたってピックアップトラックの共同開発を行ってきた。両社のリソースを最大限活用した車両を世界約100カ国以上に展開しており、顧客から高い評価を得ているとしている。

 こうした長年の協業による信頼関係をベースに、両社のノウハウや技術などを融合することで、顧客のニーズに応える最適な次世代車を開発する方針。部品の共通化も進め、スケールメリットによるコスト削減も図る。共同開発する次世代ピックアップトラックは、北米(米国とカナダ)を除く世界の主要市場で販売する。

 いすゞは、国内市場ではバスやトラックなどを扱う商用車メーカーとしてのイメージが強いが、東南アジアなどの海外市場ではピックアップトラック「D-MAX」や、D-MAXをベースに開発したSUV「MU-X」などを販売している。

「東京モーターショー2013」で展示した「MU-X」 「東京モーターショー2013」で展示した「MU-X」(クリックで拡大)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.