ニュース
» 2014年09月26日 07時30分 UPDATE

FAニュース:日本精工、外径8mmの小型・高分解能のエンコーダを開発

新たに偏光軸検出方式を採用し、MEMS技術を活用することで、これまで外径φ8mm以下では1000分解能レベルだった最高分解能が3万6000分解能となった。

[MONOist]

 日本精工は2014年9月16日、外径φ8mmの小型かつ高分解能なエンコーダを開発したと発表した。狭いスペースでの高精度な角度検出が可能で、精密計測機器・光学機器、半導体製造装置、工作機械、産業ロボットの指関節などを対象とする。

 新開発のエンコーダは、外径φ8mmという小型サイズながら、世界最高レベルの高分解能を可能にしたもの。新たに偏光軸検出方式を採用し、MEMS技術を活用することで、これまで外径φ8mm以下のエンコーダでは1000分解能レベルだった最高分解能が3万6000分解能となった。これにより、従来は難しかった小さな場所へも適用できる。

 また、180度の範囲で絶対角度を検出するアブソリュート式エンコーダを採用したことで、ロボットの指関節部など、絶対角度の検出が必要な箇所に対応できる。さらにアブソリュート式は、電源を切った際の原点復帰が必要ないため、作業をスムーズに再始動できる。

 同社では、今後ロボットの小さな関節部やウェアラブル端末など、さまざまな用途への可能性を探り、2019年には5億円以上の売り上げを目指すとしている。

photo
photo
photo
photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

FA | エンコーダー | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.