ニュース
» 2014年09月26日 12時15分 UPDATE

製造ITニュース:「CAEを今日だけ使う」が可能に――富士通が日額従量制を含むSaaS型解析を提供

富士通は、モノづくりや研究開発に活用できる解析ソリューションのラインアップに、解析情報管理ソリューションを新規に追加するとともに、新たに日額従量料金のSaaS型サービス3種類を用意し、解析環境の支援を進める。

[MONOist]
photo

 富士通は、モノづくりや研究開発に活用できる解析ソリューションのラインアップに、解析情報管理ソリューションを新規に追加するとともに、新たに日額従量料金のSaaS型サービス3種類用意し、2014年9月26日から提供を開始した。

 製造業では、高品質な製品を短期間・低コストで開発するために、解析シミュレーションの重要度が高まっており、モデルデータや実験条件、計算結果など、解析現場で扱う情報が増えている。一方で、これらのデータやノウハウは担当者個人に偏在する傾向がある。さらに、解析作業は時期によって大幅に増えたり減ったりすることが多く、解析用のリソース(プラットフォームやアプリケーション)を必要な時に必要なだけ利用できる環境の重要性が高まっている。

 富士通では、これらのニーズを受け、新たに解析業務のノウハウや知識を蓄積し活用できる解析情報管理ソリューション「SimBINDER」を新規に提供する他、日額従量料金で利用できるSaaS型サービスの強化として熱流体解析ソフト「STREAM」「SCRYU/Tetra」、構造解析ソフトウェア「LS-DYNA」を提供する。

photo 解析ソリューションの全体イメージ(出典:富士通)(クリックで拡大)

解析情報を共有するSimBINDER

 新たに提供するSimBINDERは、解析情報を簡単に登録しデータベース化できるシステム。日々の業務プロセスで作成するExcelフォーマットの技術報告書をそのまま登録するだけの操作で、自動的に情報を抽出してデータベースに格納できる。また、最終成果だけでなく途中過程の試行錯誤結果をデータベース化することも可能で、失敗例のようなこれまで個人の知識として埋没していたノウハウを共有のナレッジとして活用できるようになる。さらに複数の技術報告書を選択して、報告書に記載された登録情報を一覧表示でき、これまで見過ごしていた新たな知見の獲得などを支援する。

 SimBINDERの価格は300万円(税別)からで、販売目標は3年間で90本だとしている。

photophoto SimBINDERの試行錯誤プロセスの可視化の例(左)と検索結果の横並び表示例(右)(出典:富士通)(クリックで拡大)

日額従量料金で利用できるSaaS型解析ソリューション

 SaaS型解析ソリューションについては、富士通が2011年12月から提供している「TCクラウド」を活用。今回は日額従量料金で利用できるSaaS型解析ソリューションとしてソフトウェアクレイドルの熱流体解析ソフトウェア「STREAM」「SCRYU/Tetra」、LSTCの構造解析ソフトウェア「LS-DYNA」の提供を開始する。

 価格はLS-DYNAの日額従量SaaSが日額1万4500円からで、STREAM、SCRYU/Tetraの日額従量SaaSが、日額2万1000円から、としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.