ニュース
» 2014年09月27日 14時30分 UPDATE

FAニュース:日本アビオニクス、出力光を自動補正可能なファイバーレーザー溶接機発売

高密度・高品質で安定した300Wのシングルモードビーム(ビーム径12μm)が出力でき、超微細溶接や細く深い溶接が可能。パワー密度が高く、焦点深度が長いため、アルミ・銅などの高反射材料の溶接やワークの高さが変動する溶接にも対応できる。

[MONOist]

 日本アビオニクスは2014年8月5日、金属材料を非接触で微細溶接する「ファイバーレーザー溶接機 LW-F300」を発売した。スマートフォンなどの情報機器やエコカーの需要増加により軽量・エレクトロニクス化が進む自動車向けで、電子部品・二次電池・燃料電池などの製造に対応する。

 LW-F300は、出力光を常時モニタリングして補正する、光パワー高速デジタルフィードバック制御機能(制御周期2μsec)を搭載。高密度・高品質で安定した300Wのシングルモードビーム(ビーム径12μm)が出力でき、超微細溶接や細く深い溶接が可能となっている。パワー密度が高く、焦点深度が長いため、アルミ・銅などの高反射材料の溶接やワークの高さが変動する溶接にも対応できる。

 また、ワークからの反射戻り光に耐性のある発振器構造により、戻り光による動作停止や故障を防止できる。任意の波形を高速で連続照射することも可能で、リチウムイオン電池の封止などのシーム溶接にも適している。

 空冷のため、チラーなどの冷却装置が不要であるほか、冷却水交換などのメンテナンスコストや手間も削減できる。また、長寿命シングルエミッタレーザーダイオードを採用したレーザー発振器の搭載により、消費電力も低い。

 同社では現在、性能を確認できるサンプル実験を無料で実施している。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

FA | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.