特集
» 2014年09月29日 10時00分 UPDATE

3Dモデリングコンテスト:「夏といえば?」をカタチに、「3Dモデラボ コンテスト 〜2014夏〜」結果発表 (1/2)

総データ数156(全144作品)と非常に多くの作品が寄せられた「3Dモデラボ コンテスト 〜2014夏〜」の審査がようやく完了した。果たして3Dプリンタやワークステーションが贈られる優秀賞は誰の手に!?

[3Dモデラボ事務局,MONOist]
審査結果

 皆さん、こんにちは。3Dモデラボ事務局です。「」をテーマにした3Dモデリングコンテスト「3Dモデラボ コンテスト 〜2014夏〜」の審査がようやく完了しました。

 2014年7月7日〜9月8日までの応募期間で、合計156データ(144作品)全43人のクリエーターの皆さんがエントリーしてくれました。ありがとうございました!

 今回は、XYZプリンティング製のパーソナル3Dプリンタ「ダヴィンチ 1.0」をプレゼントする「モデラボ賞」の他、PTC製ツールでモデリングした人を対象にした「PTC Creo賞」を設けました(こちらはレノボ製のワークステーション「ThinkStation P300 Tower」をプレゼントします)。協賛企業ならびに関係者の皆さま、ご協力感謝いたします。

 さて、気になる結果を発表する前に、少しだけ応募作品の傾向を紹介したいと思います。ジャンル別に見てみると、「実用・部品・雑貨」が45作品、「ホビー・おもちゃ」が25作品、「その他」が22作品、そして「アート・オブジェ」と「キャラ・フィギュア」が各17作品、「アクセサリー」が10作品、「食器」が8作品となりました。

 実用・部品・雑貨は、ジャンルとしてカバー範囲が広いのでテーマとして設定しやすく、他よりも多く集まったようにも思えます。アート・オブジェ、キャラ・フィギュア、アクセサリーはまずまずといった印象。最も少なかった食器については、独創性が出しづらかったのか数値的にはいまいちな結果でしたが、投稿作品には秀逸なものも!?

 と、前置きはこれくらいにして審査結果を発表しましょう!

審査結果

モデラボ賞の栄冠は誰の手に!?

 まずは、モデラボ賞の発表です! 3Dモデラボ事務局が選んだのは……、

 sisioumaruさんの「氷の椀」です!!

 おめでとうございまーす。

モデラボ賞:「氷の椀」/作者:sisioumaruさん

【作品の説明】
冷たいソバが好きなため、ソバつゆを入れる器を氷で作ってみたら楽しく、冷たく、食べられると思い、製氷器を作りました。ただの筒型でも面白くないので、花の形を模しています。ガラス細工は難度が高いですが、氷なら好きな形にできるのがいいと思います。カキ氷のシロップを混ぜてカラフルなカキ氷器にしたり、冷酒のぐいのみなどに応用したりしても面白いです。冷凍庫から出した後、ダッシュで食すのもまた風流かな? データは上型・下型・下フタ(製氷後の型抜き用)の3種を1ファイルにまとめているので、必要に応じて分離してご利用ください。

» 作品ページはこちら



審査員からのコメント(3Dモデラボ事務局)

モデラボ賞 モデラボ賞を受賞したsisioumaruさんの「氷の椀」

「3Dプリンタで出力したモノ自体が主役ではない!」という衝撃と、「なるほど確かにこういう使い方は面白いな」という発見をさせてくれた作品でした。型として機能し、本当に氷のお椀ができるのか検証していませんが、3Dプリンタの活用の1つの姿がこの作品には込められています。


面白い! 夏にこんな器でそうめんを食べてみたいですね。好きな器を作るという点では「沖縄スープ皿」も良かったのですが、「氷の型を作る」というアイデアや、造形も花を模しており非常に美しい点も評価ポイントとなりました。


モデラボ賞の最終審査まで残った作品たち!

 クロさんの「愛してる輪」の評価も非常に高く、印象的な作品の1つでした。

惜しかった1 惜しかった作品の1つ、クロさんの「愛してる輪」

 審査員からは、

シンプルだけどとてもメッセージ性のある製品ですね! 既製品ではできない文字の自由度が実現できているところや、夏の日焼けを逆転の発想で活用するというアイデアはナイスです!!


日焼けを利用して文字や模様を体に印刷できる腕輪。今回のエントリー作品の中で最も3Dプリンタ向きの作品ではないでしょうか。タトゥーで恋人の名前を彫ってしまい、別れた後どうしよう……とかならないのもよいと思います。と半分本気な冗談はさておき、手軽でシンプル、応用性の高さが光っています。


とコメントが寄せられています。

 もう1つは、日ごろから多数の作品を3Dモデラボに投稿してくれているMr.Jさんの「沖縄スープ皿」です!

惜しかった2 惜しかった作品の1つ、Mr.Jさんの「沖縄スープ皿」

 こちらも

常連のMr.Jさんによる地形シリーズ。「なぜ沖縄なのか?」「てゆーか食べづらくないか?」という、そんな小さなことはどうでもいいくらいインパクトのある作品でした。「沖縄を感じながらスープが飲める」それでいいではないか。


3Dプリンタがあれば好きな地形の食器が作れる! という発想を評価。そこに“スープという名の海”を注ぐことで、実際の島のイメージに近づけるというのも実に面白い。まじめにコメントすると、食器としては使いづらそうですね。取り外して洗えるとよいかもしれません。


といったように非常に高評価でした。

 その他、R314KSSさんの「ラムネオープナー」、rerofumiさんの「西瓜と浴衣とモデラボちゃん」、デジタルジュエリーさんの「おみくじケース FOR アイスの棒」などが最終審査対象として選出されました。

R314KSSさんの「ラムネオープナー」 R314KSSさんの「ラムネオープナー」 ※画像クリックで拡大表示
モデラボちゃんおみくじ (左)rerofumiさんの「西瓜と浴衣とモデラボちゃん」/(右)デジタルジュエリーさんの「おみくじケース FOR アイスの棒」 ※画像クリックで拡大表示

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.