ニュース
» 2014年10月01日 15時00分 UPDATE

FAニュース:DMG森精機、高精度・高速横型マシニングセンタの第2世代を発売

従来機と比べて主軸の信頼性が向上した他、肉厚なベッドを採用したことで剛性を高め、機械の基本構造を強化。さらに、オペレーティングシステムCELOSの搭載により、生産性も向上した。

[MONOist]

 DMG森精機は2014年9月18日、高精度・高速横型マシニングセンタ「NHX4000」「NHX5000」の第2世代モデルを発売したと発表した。従来機と比べて主軸の信頼性が向上した他、肉厚なベッドを採用したことで剛性を高め、機械の基本構造を強化した。

 第2世代モデルのNHX4000・NHX5000は、最大加速度が全軸1G、早送り速度が全軸96m/min(オプション)で、従来機と比べて60%向上した。工具交換時間は、NHX4000が2.8秒から2.2秒に、NHX5000は3.1秒から2.7秒に短縮し、サイクルタイムが削減できる。工具マガジンは最大40本の収納が可能で、工具最大径は両機種ともφ140mmからφ170mmに拡大した。

photo 外観(NHX 4000)

 X軸・Y軸のリニアガイド案内面を高い位置に配置することで、肉厚なベッドを可能にした。主軸端面からパレット中心までの最小距離は、従来と比べて30mm短く設計。これにより、工具の突出し量を短くでき、剛性の高い、安定した加工ができる。

 また、ABS磁気式リニアスケールを搭載する他、高精度な位置決めが可能なダイレクトスケールフィードバックを全軸に標準で装備。磁気式リニアスケールは、光化学式より耐振動・耐衝撃性に優れるため、厳しい環境下でも分解能は0.01μmと高精度になっている。主軸には加工能力を高めた新主軸を採用し、主軸最高回転速度は1万5000min、最大トルクは250N・m。主軸駆動には高効率のDDS(ダイレクト・ドライブ・ スピンドル)モータを使用し、鋼材から非鉄金属の加工まで対応できる。

 さらに、タッチパネルで操作するオペレーティングシステムCELOSを搭載したことで、生産指示データ・工程・機械データを画面で確認でき、生産性が向上した。主に、自動車・産業機器・航空宇宙産業を対象とし、NHX4000は25台/月、NHX5000は12台/月を生産する予定。

photo 主軸
photo リング式マガジン

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

FA | FAニュース | 加工技術


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.