ニュース
» 2014年10月02日 13時00分 UPDATE

FAニュース:三菱重工、常温ウエハー接合装置による接合サービス事業を開始

装置導入を検討する企業などに対して行っていた接合テストサービスを、今後は導入計画の有無に関係なく受け付ける。常温接合プロセスの有効性を広め、装置拡販につなげるとともに、接合サービスを新事業として育成する狙い。

[MONOist]

 三菱重工は2014年8月11日、自社開発の常温ウエハー接合装置を使用して、多様な素材同士を接合するウエハー接合サービス事業を開始したと発表した。

 常温接合は、イオンビームや原子ビームを真空中で照射することで、ウエハー表面を活性化させて接合する方式。通常の接合と違い、熱を全く加えないため、熱膨張率が異なる材料の接合や、精度の高い仕上がりが求められるMEMS製品、加熱できないバイオデバイスなどの製造に対応できる。また、シリコン系・酸化物誘電体・ガラス・化合物半導体・金属・セラミックスなど、幅広い材料の接合も可能となっている。

 同社では、これまで装置導入を検討する企業などに対して、実際のサンプルを使った接合テストサービスを提供していたが、今後は導入計画の有無に関係なく受け付ける。これにより、常温接合プロセスの有効性を広め、装置の拡販につなげるとともに、接合サービスを新事業として育成する狙い。

 接合サービスは、横浜市金沢区の技術統括本部先進技術研究センターと、滋賀県栗東市の工作機械事業部のデモ装置4台で対応する。料金は、ウエハーのサイズ・数量によって決定し、チップサイズの接合テストにも条件付きで対応するという。

photo 全自動常温ウェーハ接合装置

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

三菱重工業 | ウェハ | FA | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.