ニュース
» 2014年10月06日 15時05分 UPDATE

安全システム:ポルシェがクラリオンのサラウンドビューを採用、「パナメーラ」のオプションで

クラリオンは、車両の前後左右に搭載した車載カメラの映像を使って上方からの俯瞰(ふかん)映像を確認できる「全周囲俯瞰カメラシステム」が、Porsche(ポルシェ)の「パナメーラ」の工場装着オプションとして採用されたと発表した。「CEATEC JAPAN 2014」では、同システムを搭載したパナメーラを展示する。

[MONOist]
「全周囲俯瞰カメラシステム」の表示画面

 クラリオンは2014年10月6日、車両の前後左右に搭載した車載カメラの映像を使って上方からの俯瞰(ふかん)映像を確認できる「全周囲俯瞰カメラシステム」が、Porsche(ポルシェ)の「パナメーラ」の工場装着オプションとして採用されたと発表した。「CEATEC JAPAN 2014」(シーテック ジャパン/2014年10月7〜11日、幕張メッセ)において、同システムを搭載したパナメーラを展示するという。

 クラリオン独自の画像処理技術をベースに、ポルシェの技術者チームと共同開発した。4個の車載カメラから取り込んだ画像を補正/加工することにより、高精細/高精度な俯瞰画像など最大21の組み合わせパターンから選択した表示が可能だ。

 なお、日本市場で販売しているパナメーラに標準装備されているクラリオン製のカーナビゲーションシステムには、この全周囲俯瞰カメラシステムを接続して利用できる。

「全周囲俯瞰カメラシステム」の表示画面 「全周囲俯瞰カメラシステム」の表示画面(クリックで拡大) 出典:クラリオン

 駐車時などに用いる運転支援システムである全周囲俯瞰カメラシステムは、一般的にはサラウンドビューなどと呼ばれている。クラリオンは、世界初のサラウンドビューである「アラウンドビューモニター」を、2007年に日産自動車、ソニーと共同開発した。2011年には、日産自動車からアラウンドビューモニターに関する技術のライセンス供与を受けている。

CEATEC JAPAN 2014(CEATEC 2014)

CEATEC JAPAN 2014特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

関連キーワード

CEATEC 2014 | クラリオン | ポルシェ | CEATEC


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.