ニュース
» 2014年10月09日 07時30分 UPDATE

FAニュース:オークマ、モノづくりを最適化する新世代知能化CNC「OSP suite」を開発

同社の「知能化技術」やモノづくりの各プロセスを効率化する「suiteアプリ」、オペレーターが操作画面を自由につくることができる「suiteタッチ」を搭載する。

[MONOist]

 オークマは2014年9月26日、モノづくりを最適化する新世代CNC「OSP suite(スイート)」を開発したと発表した。

 OSP suiteは、「知能化技術」「suiteアプリ」「suiteタッチ」を核として、プレミアムソリューションやモノづくりサービスを提供する新世代知能化CNC。同社の知能化技術で、熱変位を正確に制御する「サーモフレンドリーコンセプト」、自動運転・手動運転のあらゆる場面での衝突を防ぐ「アンチクラッシュシステム」、最適な加工を瞬時に探索する「加工ナビ」、回転軸の芯ズレなどの幾何誤差を計測・補正する「ファイブチューニング」を搭載した。

 また、自社や工具・計測器・システムメーカーなどと共同開発した加工現場の問題を解決するアプリケーションソフトや、生産・加工指示、段取り情報などをデジタル化し、モノづくりの各プロセスを効率化するsuiteアプリも使用できる。

 さらに、suiteタッチでは、オペレーターが操作画面を自由につくることができ、加工現場に適した操作ができる。

photo OSP suite

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

FA | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.