ニュース
» 2014年10月10日 11時30分 UPDATE

キャリアニュース:ミドル層の転職、失敗する最大の要因は応募先企業選定時に直面する仕事内容と希望とのギャップ

エン・ジャパンが同社運営の人材紹介会社集合サイト「エン 転職コンサルタント」を利用している転職コンサルタント147名を対象にした調査結果を発表。ミドル層の「失敗しない転職のコツ」について伝えている。

[MONOist]

 ミドル層が人材紹介会社を利用して転職を試みた場合、成功するか失敗するかの確率はほぼ五分五分になるようだ。エン・ジャパンが2014年9月22日に発表した「失敗しない転職のコツ」についてのアンケート調査で明らかになった。

 転職コンサルタントに、ミドル層の転職は「成功するケース」と「失敗するケース」のどちらが多いかと聞いたところ、「成功するケースが多い」「どちらかというと成功するケースが多い」は合わせて49.3%となった。

photo ミドル層の転職において、「成功するケース」と「失敗するケース」とでは、どちらの方が多いですか

 ミドル層が転職に「失敗するケース」について詳しく尋ねると、「応募先企業の選定」(43%)、「書類選考」(38%)、「面接・最終選考」(28%)のところで失敗することが多いという。

photo ミドル層の転職において、どのような段階での「失敗」が多いですか。(複数選択可)

 「応募先企業の選定」で失敗する要因としては、「仕事内容・条件と求職者の希望にギャップがある」(68%)との回答が最も多く、「会社方針と転職者の価値観が合わない」(47%)、「給与・待遇が希望と合わない」(32%)といった回答が上位に並んでいる。

photo 応募先企業の選定で失敗してしまうケースとして、どのようなものが多いですか。(複数選択可)

 こうした状況を踏まえて転職コンサルタントからは、「ミドル層はある程度年収も上がり、企業も即戦力を求めてくる。しかし、意外とご自身の本当の強みを理解されていない人が多い。ちゃんと自分を掘り下げて、強みを整理して言語化し、面接で伝える準備をしておかないと、企業側が期待することと、自分がアウトブットすることにズレが出てしまう。そして、入社後結果がでないと判断されて、お互い『失敗した』となってしまう事例を多数見ている」といった指摘や、「中高年は管理職採用。経営者との相性・社風・入社して改革すべき点を明確にするなどが大切」、「転職の経験がない or だいぶ以前だと、感覚が分からない(景気が良かったり、若いときに転職に成功した感覚のままである)ので、紹介会社からの情報収集が大事」などの助言が寄せられている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.