ニュース
» 2014年10月13日 10時30分 UPDATE

FAニュース:三菱マテリアル、高送りラジアスカッターに難削材加工用モデルを追加

主切れ刃の角度を切れ味重視の低抵抗設計にしたことで、難削材とされるチタン合金・耐熱合金の加工に最適化。低抵抗設計のため、切削熱の上昇を抑え、熱による摩耗を抑制できる。

[MONOist]

 三菱マテリアルは2014年9月16日、高送り加工用ラジアスカッタ「AJXシリーズ」に難削材加工用「JLブレーカ」を追加し、販売を開始した。標準価格は950円〜1330円(税込み)。

 JLブレーカは、難削材とされるチタン合金・耐熱合金の加工に有効な切れ刃を持つもの。主切れ刃の角度を切れ味重視の低抵抗設計にしたことで、チタン合金・耐熱合金の加工に最適化した。また、低抵抗設計のため、切削熱の上昇を抑え、熱による摩耗を抑制できる。

 同ブレーカの追加により同社では、高送りラジアスカッタのAJXシリーズの用途が、これまでの金型工具からさらに拡大したとしている。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.