ニュース
» 2014年10月15日 14時14分 UPDATE

組み込み開発ニュース:IoT時代の超小型コンピュータ「Edison」、国内での発売計画が決定

インテルは“IoT時代の超小型コンピュータ”をうたう「Edison」の国内販売計画を発表した。Arduino用拡張ボードなどとのセットも用意される。

[MONOist]
photo

 インテルは2014年10月15日、同年9月に発表した超小型コンピュータ「Edison」(関連記事:指先に乗るIoT時代の超小型コンピュータ「Edison」正式発表、日本でも10月に)の国内販売計画を発表した。

 製品はスタンダードな「インテル Edison モジュール」、Arduino用の拡張ボードをセットした「インテル Edison キット For Arduino」、MicroUSB端子などを備えた拡張ボードをセットした「インテル Edison Breakout ボードキット」の3種類が用意され、いずれも10月25日より販売が開始される。

photo 「Edison」(出展:インテル)
photo Edisonの部品レイアウト(出展:インテル)

 販売は秋月電子通商、オリオスペック、システナ、スイッチサイエンス、ソフマップ、ソフトバンクコマース&サービス、ダイワボウ情報システム、ドスパラ、Project White、ユニットコム、ワンズが行い、価格はオープン。

 Edisonは35.5(幅)×25(高さ)×3.9(奥行き)mmという切手サイズの本体に、Atomアーキテクチャのデュアルコア「Silvermont」(500MHz駆動)とシングルコアの「Quark」(100MHz駆動)を組み合わせた超小型コンピュータ。他にも1GバイトのLPDDR3メモリ、4Gバイトのフラッシュストレージ(eMMC)を搭載しており、インタフェースとしては802.11a/b/g/nの無線LAN、Bluetooth(4.0+2.0 EDR)、70ピンのI/Oコネクタも備えている。

関連キーワード

Intel Edison | 組み込み開発 | Arduino | Atom


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.