ニュース
» 2014年10月15日 19時20分 UPDATE

FAニュース:ヤマザキマザック、複合加工機用のCNC装置「MAZATROL SmoothX」を開発

19インチのタッチパネルを採用するなど、操作性が向上。高速・高精度5軸加工機能により、スムーズな加工が可能で、QUICK EIA機能・MAZATROL機能により、プログラミングも容易にできる。

[MONOist]

 ヤマザキマザックは、CNC(コンピュータ数値制御)装置「MAZATROL SmoothX」を開発したと発表した。複合加工機の「INTEGREX iシリーズ」「INTEGREX eシリーズ」と5軸加工機の「VARIAXISシリーズ」「VORTEX iシリーズ」に搭載し、2014年10月30日から東京ビッグサイトで開催される「JIMTOF2014」で販売を開始する。

 MAZATROL SmoothXは、対話型CNC装置「MAZATROL」の第7世代で、新たに19インチのタッチパネルを採用するなど、操作性が向上した。指先での表示画面の拡大・縮小・回転など、直感的な操作ができる。

 また、コーナー滑らか制御や可変加減速制御などの高速・高精度5軸加工機能により、スムーズな加工が可能。加工の各プロセスにそれぞれのホーム画面を設定したことで、進行状況が一目で確認できる他、設定ミス・作業忘れも防ぐことができる。

 プログラミングも容易で、QUICK EIA機能では、画面上でツールパスをタッチするとEIAプログラムの当該部分に瞬時に移動し、プログラム確認ができる。QUICK MAZATROL機能では、加工形状や工程を確認しながらプログラミングするため、ミスを防ぎ、作業時間も短縮できる。3次元CADデータから製品の形状データを直接取得し、簡単にプログラミングすることも可能となっている。

mn_fanews_14091401.jpg

 さらに、生産効率向上を支援するソフトウェアにより、単体機からFMSシステム、工具管理ソフトなど、ネットワークでのデータ共有が可能で、生産管理の利便性も向上した。業界標準のネットワーク規格を採用したことで、各システムメーカー機器とも簡単に接続できる。

第27回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2014)特集

第27回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2014)

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

関連キーワード

切削加工 | FA | 東京ビッグサイト | 工作


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.