ニュース
» 2014年10月17日 12時00分 UPDATE

どうぞ「notte」ください:2020年のタクシーは自転車! 防水段ボール構造+電動アシストで2人運べる

デザインハウスのznug design(ツナグデザイン)と新潟県の部品製造企業・シマト工業は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックでの利用を視野に入れた自転車タクシー「notte(ノッテ)」を共同開発。「TOKYO DESIGNERS WEEK 2014」で公開する。

[MONOist]
自転車タクシー「notte」

 デザインハウスのznug design(ツナグデザイン)と新潟県の部品製造企業・シマト工業は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックでの利用を視野に入れた自転車タクシー「notte(ノッテ)」を共同開発した。2014年10月25日〜11月3日まで、明治神宮外苑で開催される「TOKYO DESIGNERS WEEK 2014」で公開する。

 notteは、「人にも街にもやさしい移動を実現する」というコンセプトで開発された、電動アシスト装置を搭載する自転車タクシーである。ドライバー以外に2人までの乗客を乗せられる。ボディ素材には、軽量自転車の主流である繊維強化樹脂(FRP)ではなく防水段ボールを採用。ガラス繊維や炭素繊維などを混ぜ込むためリサイクル性が低いFRPではなく、十分な耐久性を持ちながらもリサイクル可能な防水段ボールを用いることにした。また、防水段ボールの素材感を生かして、街を楽しくするデザインに仕上げたという。

自転車タクシー「notte」 自転車タクシー「notte」(クリックで拡大) 出典:znug design

 Notteの開発プロジェクトには、先述の2社の他、シクロポリタンジャパン、パシフィックコンサルタンツ、王子パッケージイノベーションセンターも参画している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.