ニュース
» 2014年10月17日 17時05分 UPDATE

組み込み開発ニュース:何に使うか「Edison」、ロボット制御や小型IoTエッジデバイスなどインテルが紹介

米Intelの日本法人であるインテルは展示会「ITpro EXPO 2014」において、国内販売の決定した超小型コンピュータ「Edison」とその利用例を紹介している。

[渡邊宏,MONOist]
photo

 米Intelの日本法人であるインテルは2014年10月15〜17日まで開催の展示会「ITpro EXPO 2014」において、国内販売の決定した超小型コンピュータ「Edison」とその利用例を紹介している。

 Edisonは35.5(幅)×25(高さ)×3.9(奥行き)mmという切手サイズの本体に、Atomアーキテクチャのデュアルコア「Silvermont」(500MHz駆動)とシングルコアの「Quark」(100MHz駆動)を組み合わせた超小型コンピュータ。1Gバイトのメインメモリ、4Gバイトのストレージ(eMMC)の他、インタフェースとして70ピンのI/Oコネクタ、802.11a/b/g/nの無線LANとBluetooth(4.0+2.0 EDR)も備えている。

 同種のボード型コンピュータとしては「Arduino」や「Raspberry Pi」「Galileo2」なども存在するが、Edisonは(接続数にもよるが)Webサーバとしても利用できるほどのプロセッサ処理能力の高さと、技適認証を得ており国内でもすぐに利用できる無線LANの搭載が特徴といえる。

photo インテル「Edison」とMicroUSB端子などを備えた拡張ボード
photo Edisonと各種拡張ボードは70ピンのI/Oコネクタで接続される

 70ピンのI/Oコネクタは背面に用意されており、ボードと同時販売されるArduino用の拡張ボードやMicroUSB端子などを備えた拡張ボードを装着できる。また、米SparkFun ElectronicsがこのI/Oコネクタを利用する各種の拡張ボードを販売開始している(現時点では米国のみ)。

photo 米SparkFun ElectronicsのEdison用拡張ボード。オスメスの70ピンI/Oコネクタを備えており、ボードを積み重ねるようにして機能拡張を図れる
photo Arduino用の拡張ボードの利用例

 パワーのあるプロセッサと無線LANを内蔵するEdisonで何を作れるか、そして、何ができるか。これは手にしたベンダーやユーザー次第だが、ブースではぷらっとホームの超小型サーバ“OpenBlocks IoTファミリ”「OBSBX1」の他、9種のセンサーとバッテリーを搭載したインテル製の小型IoTエッジデバイス「Eaglet」も参考展示されていた。

photophoto ぷらっとホームの“OpenBlocks IoTファミリ”「OBSBX1」(写真=左)、試作IoTゲートウェイ「Eaglet」(写真=左)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.