ニュース
» 2014年10月19日 10時00分 UPDATE

FAニュース:沖電気コミュニケーションシステムズ、大型スクリーン版用の自動洗浄装置を発売

タッチパネル・有機ELディスプレイ(OLED)・大型プリント基板(PCB)などの工場向け。コンパクトながら高い洗浄能力を持つ。装置内で洗浄・乾燥をするため、オペレーターが溶剤に触れることなく安全で、洗浄液の臭いも出ない。

[MONOist]

 沖電気コミュニケーションシステムズは2014年8月18日、1.4m×1.4mサイズの大型スクリーン版用の自動洗浄装置「ACT300L」を発売した。大型スクリーン版を使用するタッチパネル・有機ELディスプレイ(OLED)・大型プリント基板(PCB)などの工場向けで、8月から出荷を開始し、2016年度までに自動洗浄機シリーズ全体で年間5億円の売り上げを目指す。

 ACT300Lは、同社が特許を持つ部分洗浄方式を応用し、コンパクトながら高い洗浄能力を持つ自動洗浄装置。近年、大型化するスクリーン版の自動洗浄の需要に対応したもので、20μのファインライン洗浄が可能となっている。

 また、これまで大型スクリーン版の洗浄は、専用の洗浄槽エリア・乾燥スペースを含めた数十m2の専用ルームで行うことが多く、洗浄液の臭いなどの作業環境も課題とされていた。本製品は、装置内で洗浄・乾燥ができるため、オペレーターが溶剤に触れることなく安全で、洗浄液の臭いも出ない。また、スクリーン版の乳剤やコンビネーションにダメージを与えることなく、紗張りの版枠剥離もない。

 さらに、洗浄液の使用量を最小限に抑えられ、シャワー方式によるシンプルな装置構成で保守部品交換が不要なため、メンテナンスコストも少なくなっている。

 装置サイズは、幅1640mm×奥行き1990mm×高さ2820mmで、重量は約1700kg、電源は3相200V15kvA。洗浄エリアは標準1000mm×800mm、洗浄槽が150l、リンス槽が60lとなっている。

photo ACT300L
photo 洗浄方式

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

FA | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.