ニュース
» 2014年10月20日 07時30分 UPDATE

FAニュース:オムロン、マシンオートメーションコントローラNJシリーズ「形NJ501-1340」発売

中継パソコン・専用通信ユニットを介さず上位ホストと直結できるため、低コストでSECS/GEM通信の実行環境を構築できる。従来と比べ、SECS/GEM通信の設計工数を約6割以上削減できる。

[MONOist]

 オムロンは2014年10月6日、マシンオートメーションコントローラ「NJシリーズ」に、SECS/GEM通信機能を搭載したCPUユニット「形NJ501-1340」を追加したと発表した。

 形NJ501-1340は、装置制御と上位のホストコンピュータ(上位ホスト)との通信機能を1つのCPUに融合した高性能コントローラ。中継パソコン・専用通信ユニットを介さず上位ホストと直結できるため、低コストでSECS/GEM通信の実行環境を構築できる。

 また、CPUユニットが上位ホストに直結することで、装置も小型化。システム構成の簡略化により、装置全体のメンテナンス性も向上している。

 さらに、NJシリーズが採用する変数プログラミング手法により、アドレス設定・管理の必要がない。One CPUでSECS/GEM通信が可能で、中継パソコンとマシンコントローラ間の通信も不要。SECS/GEMコンフィグレータにより、設計も簡単にできる。これにより、従来の中継用パソコン・専用通信ユニット・専用ソフトウェアを介した場合と比べ、SECS/GEM通信の設計工数を6割以上削減できる。

 グローバルな装置開発を可能にするため、半導体・FPD・LED・PV製造業界基準のSEMI規格、SEMI規格 Full-GEMにも対応している。

 価格はオープンで、設定用のソフトウェア「SECS/GEMコンフィグレータ 形WS02-GCTL1」も同時に発売した。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.