ニュース
» 2014年10月20日 09時00分 UPDATE

CEATEC 2014:シャープがサラウンドビュー向け高精細カメラを開発中、2018年の車両搭載目指す

シャープは、「CEATEC JAPAN 2014」において、車両の前後左右に設置したカメラを使って車両の上方から見た映像を出力できる「360°フリービューシステム」を展示した。展示に用いている高精細カメラモジュールは、2018年ごろの採用を目指して開発を進めている製品だ。

[朴尚洙,MONOist]
シャープが展示した「360°フリービューシステム」

 シャープは、「CEATEC JAPAN 2014」(シーテック ジャパン/2014年10月7〜11日、幕張メッセ)において、車両の前後左右に設置したカメラを使って車両の上方から見た映像を出力できる「360°フリービューシステム」を展示した。

 この360°フリービューシステムは、日産自動車の「アラウンドビューモニター」などに代表される、いわゆるサラウンドビューである。シャープが360°フリービューシステムの展示に使っていたのは、開発中の高精細カメラモジュールだ。CMOSセンサーの画素数は約100万で、視野角は垂直方向が124度、水平方向が190度と広い。現行のサラウンドビューに用いられているVGAサイズ(約30万画素)のアナログカメラよりも画素数が高く視野角も広いので、画像のつなぎ目になる部分もより鮮明に表示できるという。

sp_141020ceatec_sharp_01.jpgsp_141020ceatec_sharp_02.jpg シャープが展示した「360°フリービューシステム」(左)と高精細カメラモジュール(クリックで拡大)

 同社は撮像素子を手掛けているものの、今回展示した高精細カメラモジュールに使用しているCMOSセンサーは購入品である。ただし、「最終的には、撮像素子や映像信号を処理するICなども当社の製品を使えるようにしたいと考えている」(シャープ)という。

 まずは、2018年ごろに発売される市販車両に採用されることを目標に、今回展示した高精細カメラモジュールを自動車メーカーやティア1サプライヤに提案していく計画だ。

CEATEC JAPAN 2014(CEATEC 2014)

CEATEC JAPAN 2014特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.