ニュース
» 2014年10月20日 17時48分 UPDATE

医療機器ニュース:患者16人の生体情報を1台でモニタリング、効率的な看護をサポート

オムロン ヘルスケアの「セントラルモニタ Accumil V2100シリーズ」は、1台で最大16人の生体情報をモニタリング可能で、1台のセントラルモニタに最大4台まで接続ができる。ベッドアイコンの色分け表示で、画面も見やすくなっている。

[MONOist]

 オムロン ヘルスケアは2014年10月15日、多人数の患者を集中モニタリングすることで、看護業務をより高精度で効率的なものにする新商品「セントラルモニタ Accumil V2100シリーズ」を、オムロンコーリンより販売開始した。

 19インチの高解像度液晶モニターに、最大16人の患者の生体情報を同時に表示できる。多人数を集中的にモニタリングすることで、多くの患者の容態を迅速に把握できるようになるという。


mn_medical_1410190401.jpgmn_medical_1410190402.jpg 左=セントラルモニタ Accumil V2100シリーズの外観。右=最大16人の患者の生体情報を同時に表示できる(クリックで拡大) 出典:オムロン

 またセントラルモニタ1台で、4台のディスプレイ設置が可能。うち1台は個人詳細の表示に利用して、3台のディスプレイで最大48人の患者を同時モニタリングすることもできる。セントラルモニタを複数台導入・設置する必要がなくなり、省スペース性も向上させた。

mn_medical_1410190403.jpg 1台のセントラルモニタに、複数のディスプレイを接続することも可能だ 出典:オムロン

 液晶画面の構成は、縦2〜8行・横1〜3列の組み合わせの中から、見やすいレイアウトを選択できる。ベッドアイコンをフロア別・管理別で色分け表示する機能も備えている。

 販売目標は、発売後1年間で50台としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.