ニュース
» 2014年10月22日 14時30分 UPDATE

FAニュース:キャプテンインダストリーズ、Hexagon社の機内計測用タッチプローブを国内発売

従来の赤外線式の通信システムでは約10mだった最大通信距離が、30mまで通信可能。通信範囲も360度均一になり、従来製品と比べて障害物による遮蔽問題を大幅に改善した。また、高効率化により、消費電力を従来比2分の1〜4分の1まで低減した。

[MONOist]

 キャプテンインダストリーズは2014年12月1日に、ドイツ Hexagon Metrologyの機内計測用「高効率タッチプローブ IRP25.50」を発売する。小型から大型工作機械まで網羅できるもので、日本での販売は初めて。主に、工作機械製造業・切削、旋削でモノづくりを行う企業を対象にする。

 IRP25.50は、従来の赤外線式の通信システムでは約10mだった最大通信距離が、30mまで通信可能。大型機械での使用が容易になった他、通信範囲も360度均一になり、同社の従来製品と比べて障害物による遮蔽問題を大幅に改善した。

 また、内部回路のITE(INTELLIGENT TRIGGER EVALUATION)テクノロジーにより、消費電力を従来比2分の1〜4分の1まで低減。高効率化を可能にした。電源は006P型9V電池で、電池寿命は約1000時間(通信7m設定時)となっている。高速走行時の共振・衝撃による誤信号のフィルタリングも可能で、誤信号に影響されにくく、高速で計測ができる。

 さらに、赤外線方式は周波数を変更できるため、2個のプローブを同一機械内で使用できる。これにより、2頭の主軸を持つマシニングセンタなどで、同時に別々の計測ができるようになった。プローブのヘッド部分はモジュラー式で、ワークを計測するタッチプローブとワークの温度を測定する温度測定プローブに変更することも可能。温度測定プローブの最小読み取り単位は0.1度で、ワークの温度を管理できる。

photo 高効率タッチプローブIRP25.50

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

FA | 工場 | 切削加工 | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.